液晶テレビとプラズマテレビの違い、特徴って?

液晶テレビとプラズマテレビの違いって?

2011年7月24日から現在のアナログ放送から
地上デジタル放送への切り替えが決まってますが、
地上デジタル対応のテレビも徐々に普及してきているようですね。

現在販売されているテレビはほとんど
液晶テレビとプラズマテレビです。

これからテレビを買い換えようと思っていらっしゃる方は
液晶テレビとプラズマテレビどちらにするか迷うところではないでしょうか?

液晶テレビとプラズマテレビの違いってそもそも何なのでしょうか?

簡単に説明しますと…まずテレビの映像はR(赤)G(緑)B(青)の3原色の合成により
映像をフルカラーで表現しています。


液晶テレビは画面の後ろから光(バックライト)を当てて画像を映しています。
携帯電話の画面も同じですね。
バックライトの前には液晶パネルと
3色のカラーフィルターR(赤)G(緑)B(青)があり、
必要のない色を液晶パネルで光を遮ってフルカラーを表現しています。


プラズマテレビはR(赤)G(緑)B(青)の小さな発光体1つ1つを
プラズマ放電で発光させフルカラーを表現しています

液晶テレビとプラズマテレビの特徴としては、

液晶テレビは軽量で発熱も少なく明るい部屋でも見やすいです。
プラズマテレビよりも消費電力が少ない。
しかし速い動きが苦手で残像が出る事も…

プラズマテレビは速い動きでも残像が少なく、画像も鮮やか。
暗い部屋でもメリハリのある映像が楽しめます。
しかし液晶テレビと比べると、重く発熱も多い傾向があります。
また小型化が難しくプラズマテレビは大きなテレビに限られます。


液晶テレビとプラズマテレビ
どちらを選ぶか悩みますね…(^^;

| 家電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。