マンガン電池とアルカリ電池の違いって何?

マンガン電池とアルカリ電池の違いって何?

電池にはマンガン電池とアルカリ電池がありますが、
何が違うのでしょうか?

どちらの電池もプラス極に二酸化マンガン、
マイナス極に亜鉛を使ってます。

マンガン電池は亜鉛の缶の中に二酸化マンガンの粉末が入っており、
アルカリ電池は二酸化マンガンを固めた容器の中に粒状の亜鉛が入っていて、
電解液がアルカリ性です。

アルカリ電池はパワーがあり、ラジコンカーやCDプレーヤーなど
モーターを駆動するような製品の電源に向いてます。

一方マンガン電池は使い続けて電圧が下がっても、
しばらく休ませると回復するので、懐中電灯などに向いてます。

マンガン電池とアルカリ電池は混ぜて使わないほうがいいでしょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。