缶飲料、どうしてスチール缶とアルミ缶があるの?

缶飲料、どうしてスチール缶とアルミ缶があるの?

缶飲料には、スチール缶とアルミ缶がありますね。
例えば、コーヒーや紅茶はスチール缶、
炭酸系の飲み物はアルミ缶に入ってます。

どうして2種類あるのでしょう?

理由は中身を殺菌処理するかしないかで決めているのです。

コーヒーや紅茶は、
熱いまま缶に詰められるので、
冷えた時缶が凹む恐れがあるのと、
高熱、高圧による減菌処理をしなくてはならないので、
熱や圧力に強いスチール缶が使われます。

炭酸系の飲み物は
炭酸が内側からの圧力と雑菌の発生防止効果があって
減菌処理をしなくてもいいのでアルミ缶を使用してます。
アルミ缶はやわらかく凹みやすいですが、
炭酸の内側からの圧力があるので大丈夫なんですね(^^)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。