魔法瓶に入れたお湯が冷めないのは何故?

魔法瓶に入れたお湯が冷めないのは何故?

朝、魔法瓶に入れたお湯は、夕方になっても冷めないですよね。
また冷たい飲み物を入れておけば、夕方でも冷たいまま飲める。
とても便利ですよね(^^)

魔法瓶はどのような構造になっているのでしょうか。



魔法瓶は1910年頃デュアーという人が発明した物で
魔法瓶の中はガラス瓶が二重になっていて、
その間の空気をシャットアウトした構造になってます。

熱は空気が無いところでは伝わらないので、
魔法瓶の中の熱が外に逃げたり、
外の熱が中に伝わらないような仕組みになっているのです。

| 生活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。